落ち着く院内で、リラックスしながら
治療・予防ケアを受けて頂けます。

2012.10.29更新

こんにちはsun

今日はいいお天気で気持ちいいですねshine


今日はおススメしたい歯ブラシをご紹介しますflair

それはこれ!

デンターシステマ

デンターシステマの硬さふつう、4列ヘッドコンパクトsign03

歯科医院専売のものではなく、どこのドラッグストアでも買える歯ブラシです。

色々使ってみて、これが一番使いやすいと私は感じました。(もちろん全ての歯ブラシを比較したわけではありませんcoldsweats01

ポイントは毛先1本1本が細くなっていること

歯周ポケットの中まで届くのがいいですねup

また、細くなっていることでほどよく軟らかく、歯の表面にフィットするので、歯と歯の間や歯と歯茎の境目に毛先が届きやすいです。

最近ではこういうタイプの歯ブラシが多くなってきていますが、毛先のコシ、密集度、そろい具合などは、やはりシステマがいいと思います。

システマでも色々種類がありますが、その中では「(硬さ)ふつう」「4列ヘッド」「コンパクト」がちょうどいいnoteなんです。

口の小さい方は超コンパクトでもいいかもしれません。

ライオンに恩はないんですけど、正直、私はこれ以外使いたくなくなってしまいましたdash

一度お試しくださいgood

2012.10.16更新

こんにちはsun

間違った歯磨きで、歯が削れてしまうことがあるって、ご存知ですか?


間違った歯磨きの多くは、横磨きといって、歯ブラシを横に大きく動かすやり方です。

また、ヤニ取り用の研磨剤がたくさん入った歯磨剤を使うことも歯を削る一因です。

歯の表面はエナメル質という、体で一番硬い組織でできています。

その一番硬い組織でさえ、日々の間違った歯磨きは少しずつ削ってしまうのです。

さらに、間違った歯磨きは歯茎を傷つけ退縮させ、歯の根っこを露出させます。

歯の根っこの組織はエナメル質よりもずっと軟らかいので、どんどん歯は削られ、神経を刺激し、知覚過敏を引き起こしたり、最終的には歯が折れてしまこともあります。


摩耗「歯周病の臨床」より

この写真は間違った歯磨きによって歯が削られてしまった状態です。

全体的に研磨されたようにツルツルしているのがわかりますか?

歯茎が退縮して根っこが露出し、削れています。


正しい歯磨きは、毛先をほとんど動かさないイメージで振動させます。

1か所につき、20往復くらい振動させたら、横にずらし、また20往復振動、とやっていきます。

詳しいやり方は、過去のブログ(http://www.koba-dental.net/blog/2012/06/post-36-282981.html)にも載っていますし、クリニックで指導を受けることもできますflair


横磨きをやっている方ってすごく多いですsign03

気づかないうちにご自分の大切な歯を削っていないか、口の中をチェックしてみてくださいsearch



今日の我が子dog

リキと

実家の犬と

ウチの子はワンワン大好き!なのですが、愛情は完全な一方通行heart03

このオス犬は人間の大人の女性にしか興味がありませんsweat02

こばやし歯科クリニック
WEB予約 駅から医院までの道のりはこちらから 院長日記 フェイスブックページ English available