落ち着く院内で、リラックスしながら
治療・予防ケアを受けて頂けます。

2012.10.16更新

こんにちはsun

間違った歯磨きで、歯が削れてしまうことがあるって、ご存知ですか?


間違った歯磨きの多くは、横磨きといって、歯ブラシを横に大きく動かすやり方です。

また、ヤニ取り用の研磨剤がたくさん入った歯磨剤を使うことも歯を削る一因です。

歯の表面はエナメル質という、体で一番硬い組織でできています。

その一番硬い組織でさえ、日々の間違った歯磨きは少しずつ削ってしまうのです。

さらに、間違った歯磨きは歯茎を傷つけ退縮させ、歯の根っこを露出させます。

歯の根っこの組織はエナメル質よりもずっと軟らかいので、どんどん歯は削られ、神経を刺激し、知覚過敏を引き起こしたり、最終的には歯が折れてしまこともあります。


摩耗「歯周病の臨床」より

この写真は間違った歯磨きによって歯が削られてしまった状態です。

全体的に研磨されたようにツルツルしているのがわかりますか?

歯茎が退縮して根っこが露出し、削れています。


正しい歯磨きは、毛先をほとんど動かさないイメージで振動させます。

1か所につき、20往復くらい振動させたら、横にずらし、また20往復振動、とやっていきます。

詳しいやり方は、過去のブログ(http://www.koba-dental.net/blog/2012/06/post-36-282981.html)にも載っていますし、クリニックで指導を受けることもできますflair


横磨きをやっている方ってすごく多いですsign03

気づかないうちにご自分の大切な歯を削っていないか、口の中をチェックしてみてくださいsearch



今日の我が子dog

リキと

実家の犬と

ウチの子はワンワン大好き!なのですが、愛情は完全な一方通行heart03

このオス犬は人間の大人の女性にしか興味がありませんsweat02

2012.10.02更新

こんにちはsun

今朝、今年初めてキンモクセイの香りがしました!

キンモクセイって嫌いな方も多いですが、私は大好き!ですheart04
(ちなみに院長はあまり好きではないらしい)

なんせ大嫌いな夏に終わりを告げる香りなんですからup


今日は、歯ぎしりの症状についてお話しますflair

歯ぎしりでは、口を閉じる時に働く筋肉(閉口筋)の過度な緊張によって、次のような症状がみられます。


①起床時の筋肉、顎関節、歯の疲労や痛み

②咬筋の肥大(エラが張っている)

③口の中の頬の粘膜や、舌の痛み

④歯と歯の接触による音の発生

⑤歯のすり減り

⑥歯茎に近いところの歯の破折

⑦知覚過敏

⑧噛み合わせの異常(一部の歯だけ当たりやすくなったりする)

⑨歯の動揺

⑩歯を支える骨の吸収、歯の破折、歯根の破折

⑪歯の神経が死んでしまう

⑫顎関節症

⑬肩こり、偏頭痛、首のこり


これらの症状が組み合わさっていることが多いです。

これらのうち、いくつかの症状に心当たりがあれば、それは歯ぎしりが原因かもしれません。

寝ている時の歯ぎしりは自分では気づかないので、一緒に寝ている人がいる方は訊いてみてください。

これらの症状があっても、今はそれほど気にならないという方でも、じわじわと悪化していくことがありますので、歯医者に来た時でも気軽に相談してみるといいでしょうconfident



今日の我が子rvcar

アンパンマンカー

ついに買ってしまいましたsweat01アンパンマンカーsign03

どうせならもっと早く買えばよかった・・・。

ものすごい勢いでドリフトしていますdash

こばやし歯科クリニック
WEB予約 駅から医院までの道のりはこちらから 院長日記 フェイスブックページ English available